ここから本文です

<プロ野球速報>阪神が接戦を制し広島の連勝を止めた!

4/14(金) 21:02配信

THE PAGE

 阪神ー広島が14日、甲子園球場で行われ、唯一広島に黒星をつけていた阪神が接戦をモノにして広島の連勝を10で止めた。広島は7日のヤクルト戦で9回一死までノーヒットノーランを続けていたルーキーの加藤をプロ2度目の先発マウンドに送ったが、阪神は3回に3安打を集中して3点を先取。7回を1失点にまとめた先発のメッセンジャーからマテオ、ドリスとつなぎ、4-2で広島の反撃を振り切った。阪神は4連勝で貯金を「3」とした。

 衝撃デビューを飾った広島のドラフト1位の加藤に阪神打線が襲い掛かった。

 3回一死から上本が三遊間を破るヒットで出塁すると、盗塁を仕掛けた。結局、糸井が四球を選び、続く福留の打球は当たりそこねだったが、加藤のグラブをかすめ、ショートの前にうまく転がって内野安打となった。満塁で原口が押し出しの四球を選び、均衡を破ると、さらに一死満塁から鳥谷が抜けたフォークをライト線へ糸を引くような2点タイムリー二塁打。

「打ったのはフォーク。みんなでつないで回ってきた打席だったし、四球のあとだったので、甘めの球をしっかりと振っていこうと思っていました。とらえられてよかったです」

 前日まで首位打者の6番打者が加藤にプロの洗礼を浴びせた。
 
 一方、引き分けを挟んで10連勝中の広島は、4回に二塁打の菊池を得点圏に置いて4番の新井がセンター前へタイムリー。1点を返す。

 広島の加藤は8四球と大荒れで5安打3失点、6回で負け投手のままマウンドを降りた。

 メッセンジャーは、7回を6安打6奪三振無四球1失点。113球を投げ8回からマテオにスイッチ。マテオは、先頭の安部にヒットを許し、二死二塁から、田中に三塁線を破るタイムリーを許したが、なんとか1点のリードは守った。

 そして9回に阪神は、貴重な追加点。一死から梅野がライト前ヒットで出ると、打率1割台でスタメン落ちしていた北條が代打で打席に立ち送りバント。広島のヘーゲンズがバント処理を誤り、一塁へ悪送球をして一死一、三塁となり、高山がライト前へタイムリーを落とした。

 再び2点差として9回は、ドリス。一死から丸に流し打たれ、新井の四球、重盗などで一死二、三塁のピンチを背負ったが、鈴木誠也を見逃しの三振。続く松山も三振で、広島の連勝にストップをかけた。

 試合後、金本監督は「メッセがゲームを作ってくれた。躍動感があった。それと鳥(鳥谷)のタイムリー。あれが大きかった。(高山は)点の欲しい終盤で勝負強さを見せてくれているのが頼もしい。(4連勝も)全部しんどい試合。苦しい4連勝。勝てばうれしいが反省点を忘れずにいきたい」とコメントを残した。
   

最終更新:4/15(土) 1:11
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/19(日) 1:20