ここから本文です

スピッツ結成30周年、合計売上1000万枚超の名曲が結集

4/14(金) 4:00配信

デイリースポーツ

 4人組ロックバンド・スピッツが、結成30周年を記念し、これまでの全シングルに新曲3曲を加えた3枚組CD BOXを発売することが13日、分かった。「CYCLE HIT」と題し、年代別に45曲を収録。合計売り上げ枚数が1000万枚を超え、福山雅治(48)、絢香(29)ら200組以上にカバーされてきた名曲の数々が、節目を彩る。7月5日発売。

【写真】草野マサムネがリスペクトする意外な歌手とは…

 90年代に150万枚以上を売り上げた「ロビンソン」「チェリー」「空も飛べるはず」など、計1000万枚を超えるシングルすべてが一堂に会する。

 ボーカル、ギターの草野マサムネ(49)が紡ぎ出す、繊細な歌声と唯一無二の世界観が支持され、活動休止もメンバーチェンジもないまま30周年を迎えた。2004年発売の「スターゲイザー」が現在もスバル「フォレスター」のCM曲として使用されるなど、時を経ても色あせない楽曲が特徴だ。

 リスナーだけでなく、ミュージシャンからも支持されたバンドだ。他のアーティストによるカバーは、JASRACに登録されているだけでも200組以上。福山やゴスペラーズ、PUFFY、藤原さくら(21)と年代を問わず愛されてきた。最多の「チェリー」は52組にカバーされている。

 ギターの三輪テツヤ(49)、ドラムの崎山龍男(49)の母校・文化服装学院で初ライブを開催したのが1987年7月17日。30年目の節目に発売されるシングル集に草野は「よどみなくバンド活動を続けられたという証でもあり、大変ありがたいことです」と感謝した。BOXはサンキューの気持ちで「3900円」に価格設定されており、三輪は「スピッツもみな今年で50歳。2017年のスピッツを楽しんでください」と呼びかけている。

 BOXには、4月からフジテレビ系「めざましテレビ」のテーマソングとなった「ヘビーメロウ」など新曲3曲が収録される。まだタイトルが明かされていない楽曲には、草野が「ビートパンクバンド・スピッツの新曲」という原点回帰の作品を含む。ベースの田村明浩(49)は「アマチュア時代のアレンジやフレーズをそのまま使ってたりして、かなりレコーディングでは盛り上がりました」と証言。崎山も「結成当時を思わせるようなテンポの速い曲も」とドラムスティックに力が入ったようだ。