ここから本文です

31歳になった「からあげクン」27億食ヒットの理由 「夏には200種」 初代は「キャラなし」だった!

withnews 4/15(土) 7:00配信

 コンビニで定番のローソン「からあげクン」。1986年4月15日が「誕生日」で31歳になります。日本記念日協会は今年から、4月15日を「からあげクンの日」に認定しました。1986年のこの日に発売が始まったからあげクンは、いまや累計27億食を販売するロングセラー。人気の秘密をひもとくと、3つの理由がありました。

【写真】懐かしの「からあげおやじ」 初代パッケージから振り返る…コラボ商品の数々

「おかず」から「スナック感覚」へ

 からあげクンが生まれた31年前。からあげは、おかずの一品としてスーパーなどで売られているのが一般的でした。それを「スナック感覚で食べられるように」と開発。店頭で揚げ物をする商品はまだなじみがなく、店の設計変更なども経て、1986年4月に塩味の「からあげクンレギュラー」が発売されました。

 国産の鶏ムネ肉にこだわり、初代のパッケージは英字新聞風のデザイン。88年12月にはぴりっと辛い「からあげクンレッド」を出しました。「指でつまんで歩きながら食べられる」というコンセプトや、テレビCMによる宣伝などがあたり、「ローソンといえばからあげクン」と言われるようなヒット商品になりました。

 5個入り200円(税別)の価格も発売当時から変わらず、愛され続けるからあげクン。ローソンによると、ロングセラーになった3つの理由があるそうです。

人気の秘密1:品質の追及

 まずは品質について。からあげクンは100%国産鶏肉のムネ肉を使い、生産も国内の工場に限定しています。冷凍した鶏肉を店内で揚げていますが、その調理法も製造元のニチレイフーズと協力。衣をサクッとさせて、肉の水分が失われないように原料を見直し、ジューシーな仕上がりを追及し続けています。

人気の秘密2:トレンドを反映した商品開発

 からあげクンと言えば、毎週のように出てくる新商品の数々。ローソンによると、これまで販売した商品は約190種類です。担当者は「夏ごろには200種類になるのでは」と話しています。

 発売当初から「クリームシチュー」「サルサ」など「攻めた新商品」が多かったからあげクン。しかし、2002年までは合計でも19種類と少なめでした。

 その後、「天下一品」や「餃子の王将」などといった有名店とコラボレーションや、「桜えび」(静岡)や「熊本甘夏」など全国各地の地元食材を使った商品を始めると、味の種類は急増。「定番だけだと飽きてしまうので、お客さんが食べてみたいと思うような味を毎回提案しています」と話します。

1/2ページ

最終更新:4/15(土) 7:00

withnews