ここから本文です

ブラタモリでもおなじみの「赤色立体地図」無料ダウンロード提供、日本全国から好きな地域を選択可

Impress Watch 4/14(金) 6:00配信

 マップショップ株式会社は、地図ショッピングサイト「MAPSHOP」において、4月5日より「赤色立体地図RRIM10_2016」の無料ダウンロード提供を開始した。個人利用に限られるが、日本地図のエリア一覧から好きな地域を選んでダウンロードできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 赤色立体地図とは、地形の立体表現手法の1つ。傾斜量を赤色の彩度で、尾根谷度を明度にして調整する。従来の地形表現手法にあった方向依存性などの欠点を克服し、1枚の画像でさまざまな地形を詳細に立体表現できるため、火山地形・地すべり地形・断層地形の把握、遺跡調査、古墳調査、観光案内用マップ、登山用マップなど多目的に使えるという。NHKの「ブラタモリ」でも地形を解説するのにしばしば用いられており、すでに目にしたことのある人も多いことだろう。

 赤色立体地図は、アジア航測株式会社が製作手法の特許を保有しており、MAPSHOPでダウンロード提供する赤色立体地図も同社がデータ提供元。ダウンロードする際にはアジア航測との使用許諾契約書への同意が必要となる。

 無料ダウンロード提供を開始した「RRIM10_2016」の赤色立体地図は、国土地理院発行の基盤地図情報(標高)10mメッシュから生成したもの。山地を見るのに適しているという。

 MAPSHOPではこのほか、「RRIM50」「RRIM5+」の赤色立体地図を有料販売する。RRIM50は、国土地理院発行の数値地図50mメッシュ(標高)から生成したもの。関東や九州など大きなエリアを一度に見るような場合に適しているという。RRIM5+は、10mメッシュのRRIM10_2016と5mメッシュのRRIM5のハイブリッド地図データで、都市部の地形まで確認できるとしている。

INTERNET Watch,永沢 茂

最終更新:4/14(金) 18:37

Impress Watch