ここから本文です

直観的な操作と快適な使い心地を実現! 電動車いす「WHILL Model C」

アスキー 4/14(金) 9:00配信

WHILLは、パーソナルモビリティーの「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承した普及価格帯モデル「WHILL Model C」の予約販売開始を発表した。

 WHILLは4月13日、パーソナルモビリティー「WHILL Model C(ウィル モデル シー)」の予約販売開始を発表した。出荷開始予定は6月。
 
 WHILL Model Cは、フラッグシップモデル「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承しつつ、外出シーンでの利便性を高めた普及価格帯モデルだ。
 
 工具不要の簡単な操作で、本体を3つに分解できる。また、本体重量はWHILL Model Aからおよそ55%の軽量化を実現したという。外出・旅行先で車に積んで運搬したり、玄関などの小さなスペースに分解して収納が可能。
 
 前輪には、独自開発したオムニホイール(全方位タイヤ)を採用。高い小回り性能で、エレベーター内、買い物中の通路など狭い空間での方向転換も快適という。また高出力モーターにより、従来の車いすでは難しかった最大5cmの段差を乗り越えられるとのこと。
 
 電源のオン/オフやスピード調整は手元のコントローラーで操作。アーム部分は跳ね上げが可能なため横からの乗降もスムーズにできるなど、直観的な操作と快適な使い心地を実現したとしている。
 
 バッテリーは10Ah リチウムイオンを採用。5時間の充電でおよそ16km走行し、1000回の充電が可能だという。
 
 専用の「WHILL アプリ」をスマホなどにダウンロードすれば、細かな速度や加速度の設定ができるほか、リモコンとしてWHILL Model Cの操作も可能。iOSに加え、2017年秋以降にはAndroid対応も予定している。
 
 そのほかにも、注意を喚起する音声が流れる「音声案内機能」や「片流れ防止機能」、3G通信モジュールを搭載する。
 
 サイズはおよそ幅550×長さ985×高さ740~940mm、重量はおよそ52kg。駆動方式は2輪駆動、最少回転半径は760mm、登坂力は10度。価格は45万円(非課税)。
 
※お詫びと訂正:初出時、価格に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(4月14日)
 
 
文● 山口/ASCII

最終更新:4/14(金) 11:10

アスキー