ここから本文です

チャーリー・パーカーのトリビュート・アルバムにグレゴリー・ポーター、メロディ・ガルドーらが参加

4/14(金) 18:08配信

CDジャーナル

 “モダン・ジャズの父”チャーリー・パーカーの功績を称え、企画されたコンピレーション・アルバム『ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー』(UCCI-1040 2,600円 + 税)が6月16日(金)に発売されます。

 ラリー・クラインがプロデュースを手がけたこのアルバムは、パーカーの楽曲に新たに歌詞をつけ、カート・エリング、グレゴリー・ポーター、キャンディス・スプリングス、メロディ・ガルドーといったトップ・ヴォーカリストらをフィーチャー。パーカーの生涯が、1枚のアルバムを通して表現されています。

 演奏ミュージシャンには、デヴィッド・ボウイの遺作『★』に起用され、一躍注目されたダニー・マッキャスリン(ts)、ベン・モンダー(g)、マーク・ジュリアナ(dr)をはじめ、今日のジャズ・シーンにおいて最先端を行くプレイヤーたちが集結。パーカーの名曲を現代に引継いた内容となっています。

最終更新:4/14(金) 18:08
CDジャーナル