ここから本文です

元KARA知英がエロオヤジに 女優生命かけた変顔も!?

シネマトゥデイ 4/14(金) 7:00配信

 元KARAの知英が日本のコメディー映画『レオン』(2018年全国公開)で、長編映画初主演を務めることが明らかになった。知英が演じるのは、突然の事故で竹中直人ふんするセクハラオヤジ社長と入れ替わってしまう地味な日本人OL。知英は「入れ替わったときは、竹中さん演じる朝比奈玲男になりきり、エロオヤジ社長炸裂でやりきりました。気分は爽快でした」と撮影を振り返った。

【写真】知英の男装姿がイケメン

 本作はスマホマガジン「Hot-Dog Press」で連載された同名漫画の映画化。社内恋愛中だった彼氏にフラれ、会社もクビになった派遣OL・小鳥遊玲音(たかなしれおん/知英)と、女好きなワンマン社長・朝比奈玲男(あさひなれお/竹中)の二人は偶然、同じ車の事故に巻き込まれる。先に玲男が目覚めたが、その体にはある異変が……。なんと心は玲男のまま、体が玲音に入れ替わっていたのだ。

 途方に暮れながらも、根っからのプラス思考&女好きの玲男は徐々に女としての自分を楽しむようになり、キャバクラ嬢として働くことに。ところが、実は車の事故は自身の右腕だったおいの政男、そして玲音の元カレ・日下が会社を乗っ取ろうと仕掛けたワナだったと知る。さらにそんなとき、体は男で中身は女の玲音が目を覚まし、事態はますますややこしくなっていく。

 知英は竹中との共演に「好きな俳優さんだったので、まさか共演できるとは思ってもいませんでした。しかもその竹中さんと入れ替わる役なので、撮影中はずっとワクワクしていました」とコメント。「限界ギリギリ(!?)の表情にも挑戦しているので、ぜひ楽しんで観ていただきたいです」とアピールした。

 メガホンを取るのは、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』やドラマ「ドラゴン桜」「お迎えデス。」などの塚本連平監督。脚本は、桐谷美玲がコメディエンヌぶりを発揮させた映画『ヒロイン失格』を手掛けた若手女性脚本家・吉田恵里香が務める。

 竹中は「知英はたくさんの可能性を秘めた女優です。コメディエンヌとしても素晴らしいテンションを持ち備えた方だな……と感じました」と絶賛。塚本監督も「今まで見たことない知英をお楽しみください。特に女優生命を賭けた(?)変顔は必見です」と見どころを明かしている。(編集部・中山雄一朗)

最終更新:4/14(金) 7:00

シネマトゥデイ