ここから本文です

高級マンゴー「太陽のタマゴ」解禁 過去最高値40万円

朝日新聞デジタル 4/14(金) 0:38配信

 宮崎県産の最高級完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の販売が13日、解禁された。宮崎や福岡、東京、大阪で初競りがあり、宮崎市の市中央卸売市場では2個入り1箱(約1キロ)が40万円の過去最高値をつけた。

【写真】「太陽のタマゴ」の競り。真剣な表情でマンゴーを競り落とそうとする卸業者=13日午前7時10分、宮崎市新別府町、小出大貴撮影

 同市場では午前7時から初競り。箱詰めされたマンゴーが並ぶ台を卸業者が取り囲み、競り人の威勢のいい呼び声で次々と値段が決められていった。40万円の値がつくと、どよめきと拍手が起こった。

 「太陽のタマゴ」は糖度15度以上、重さ350グラム以上で、色つやと形が優れたものが選ばれ、出荷量全体の15%ほどを占める。

 最高値で競り落とした地元の青果卸業「クレド宮崎」の立本昭太さん(33)は「甘さととろける食感がピカイチ。産地の買い手として生産者を応援し、全国にこのマンゴーを届けたい」と話した。最高値のマンゴーは福岡・天神のデパート岩田屋で販売されるという。(小出大貴)

朝日新聞社

最終更新:4/14(金) 0:38

朝日新聞デジタル