ここから本文です

木村拓哉「海外の反応、興味深い」…主演作がカンヌ国際映画祭の招待作品に

デイリースポーツ 4/14(金) 5:59配信

 元SMAP・木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(4月29日公開)が世界3大映画祭の一つ「第70回カンヌ国際映画祭」(5月17日開幕、フランス)で招待作品として上映されることが13日、分かった。木村のカンヌ参加は2004年、コンペティション部門にノミネートされた香港映画「2046」以来13年ぶり。邦画と主演作としては初めてとなる。15年公開の映画「極道大戦争」以来2年ぶり6作目の参加となった三池崇史監督(56)らと渡仏するかは調整中という。

【写真】コンペティション部門には永瀬正敏主演「光」が参加

 “役者・木村拓哉”がSMAP解散後、最初の主演映画で世界に乗り込む。

 不死身の用心棒・万次を演じた木村は「今回の知らせを、三池監督から直接電話で聞けた時には本当にうれしかったです!海外の方がどう受け取って下さるのかが、とても興味深いですが『1つの作品』として招待していただけることに本当に感謝します」と海外の反応を楽しみにした。

 今回はコンペ外となる「アウト オブ コンペティション部門」として公式上映される。木村のカンヌ参加は、香港の俳優トニー・レオン主演映画「2046」以来、13年ぶりで邦画の主演作としては初。世界3大映画祭では、06年公開の主演映画「武士の一分」がベルリン国際映画祭で招待作品として上映されて以来、11年ぶりとなった。

 今作は解散騒動が勃発した昨年1月に右膝を負傷しながら撮影を続けた。初タッグを組んだ三池監督も足を骨折しながら指揮を執り、世界上映へチーム一丸となって完成させた。

 監督週間に出品した映画「極道大戦争」(15年)以来2年ぶり6作目のカンヌとなった三池監督は、「不死身の男=万次が、カンヌから世界に飛び立つことになりました。最高です。ありがとう」と苦労が報われ、無事に世界に届くことを喜んでいた。

 木村が共演陣やスタッフと現地入りするかは未定だが、上映を通じて海外にアピールする機会は得た。俳優業を中心にソロ活動を充実させている木村にとっては、世界的活躍に向けた追い風となりそうだ。

最終更新:4/14(金) 8:25

デイリースポーツ