ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】「ジェンソン・バトンは代役にピッタリ。アロンソのインディ500での活躍も期待」

TopNews 4/14(金) 22:37配信

マクラーレン・ホンダは14日(金)、引退したジェンソン・バトンが“1戦限り”でF1へ復帰、フェルナンド・アロンソの代役としてF1モナコGPに出場することを発表した。バトンは、ストフェル・バンドーンとともにF1モナコGPに参戦する。

●【マクラーレン・ホンダ】F1限定復帰のバトン「モナコはF1に復帰する最高の舞台」

■エリック・ブーリエ「バトン復帰は素晴らしいニュースだ」

「フェルナンド(・アロンソ)の代役としてジェンソン(・バトン)がモナコGPに出場するという提案を受け入れてくれたことを嬉しく思う。

私は全てのスポンサーやファン、マクラーレン・ホンダの代理としてみんなへ話をさせてもらうけれど、これはジェンソンにとっても、マクラーレンにとっても、ホンダにとっても、我々のスポンサーにとっても、モナコにとっても、F1にとっても素晴らしいニュースだ。

ジェンソンは最高クラスだ。彼は速く、スムースで精密なドライビングをする優れたドライバーだ。この数ヶ月、彼は限界への競争心を失ったことはない。結局、彼は昨年11月のF1アブダビGPからわずか数戦しか離れていないし、彼は代役としてピッタリだ。また、ジェンソンはモナコでいつも良い結果を残してきた。彼は素晴らしい仕事をすると確信しているよ」

■アロンソの活躍も楽しみ

「フェルナンドは、モントリオール(F1カナダGP)でマクラーレン・ホンダMCL32に戻ってくるだろう。そして、インディアナポリスから素晴らしいストーリーを持ち帰ってくれることを期待している。

モナコとインディはまったく異なる性質だ。1つはツイスティでバンピーなストリートサーキットで、もう1つはボウル状(楕円形)の超高速スーパースピードウェイだ。しかし、どちらも我々のスポーツとして美しいものだ。

また、マクラーレンとホンダの技術的な多様性も反映している。それは我々がレーサーであり、その延長線上にあるという事実を強調している」。

最終更新:4/14(金) 22:37

TopNews