ここから本文です

Hulu、香港映画の大スター出演作品約“90”本、本日より配信開始

IGN JAPAN 4/14(金) 22:04配信

Hulu、香港映画の大スター出演作品約“90”本、本日より配信開始

オンライン動画配信サービスのHuluは、本日(4月14日)より香港映画約90作品の配信を開始すると発表した。香港映画界のレジェンドとして日本でも有名なジャッキー・チェンやサモ・ハン・キンポー、チョウ・ユンファ、ジェット・リー、ユン・ピョウらの出演作品を順次配信するということで、香港映画マニアはもとより、映画ファンや香港に興味のある人にとっても自宅で簡単に“香港”に触れられる貴重なチャンスになりそうだ。
その背景には、今年前半に複数の香港映画の国内公開が決まったことがある。「燃えよドラゴン」でブルース・リーと共演し、日本で「デブゴン」の愛称で親しまれるアクションスター、サモ・ハンが監督と主演を務める新作アクションコメディ「おじいちゃんはデブゴン」(5月27日国内公開)や、同じサモ・ハンがメガホンを執るアクション超大作「コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝」(6月10日国内公開)の劇場公開決定で、日本でも再び香港アクション映画が注目され始めている。


ゲーム関係では、スクウェア・エニックスが2012年にリリースした「スリーピングドッグス 香港秘密警察」を題材とした実写映画を、「ローグ・ワン」や「イップマン」の俳優ドニー・イェンが主演するというニュースもある。このように、最近の香港映画界に関するニュースが立て続けに出ている。


今回、Huluでは有名な香港アクション映画をはじめ、多くの名作香港映画が配信される予定だ。早速4月14日から配信されるのは、サモ・ハンがジャッキー・チェン、ユン・ピョウと共演することで話題となった「プロジェクトA」と「サイクロンZ」、「スパルタンX」、「ジャッキー・チェンの秘龍拳/小林門」の4作品、そしてサモ・ハン主演の「燃えよデブゴン7」と「燃えよデブゴン10」、「デブゴンの快盗紳士録」の3作品だ。まさに「デブゴン祭り」という感じで、サモ・ハンのファンはしばらく暇つぶしに困らないだろう。


5月から、ジャッキー・チェン主演の「ポリス・ストーリー」シリーズや「龍拳」、チョウ・ユンファ主演の「男たちの挽歌」シリーズ、サモ・ハン監督・主演の「福星」シリーズの「五福星」、「香港発活劇エクスプレス 大福星」、「七福星」、ブルース・リー主演の「ドラゴン危機一発」、「ドラゴン怒りの鉄拳」などが配信開始となる。70年代初頭の古い香港映画も扱うということで、幅広い映画ファンの好みに応えるラインアップとなっている。


80年代に「キョンシーブーム」を巻き起こした「霊幻道士」シリーズの4作品や、後に大物女優となるジョイ・ウォンが好演した「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズの3作品、70年代の香港庶民の生活を如実に描きながら爆笑シーン満載の「Mr.Boo!」シリーズなど、香港映画史に名立たる名作シリーズも順次配信される予定となっている。


さらに日本人映画ファンに嬉しいのが、吹替版は全てHulu独占での初配信になるということだ。「燃えよデブゴン4 ピックポケット!」のハン役(サモハン演)を水島裕が担当した吹替版は、当時のテレビ放送後、初解禁で観賞できる。


香港映画ファンにとって長く続く一大イベントとなる今回のHuluでの香港映画配信。全部で88作品の配信開始日は本日から6月21日までとなっている。各タイトルや配信スケジュールの予定については、以下の詳しい一覧表を参照しよう。




IGN JAPANは今後も香港映画や中華圏エンタメ情報を伝えていくので、ぜひチェックしてほしい。

Au Yeung Yu Leung

最終更新:4/15(土) 16:04

IGN JAPAN