ここから本文です

【RIZIN】石井慧がミルコとの特訓で復活目指す、当日はセコンドにも

4/14(金) 16:54配信

イーファイト

 4月16日(日)横浜アリーナにて開催の『RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-』に出場する、全選手のインタビューが14日(金)都内で行われた。

【フォト】ミルコのパンチを浴びる石井

 第6試合で、昨年大みそかに復活したPRIDE時代の強豪ヒース・ヒーリング(アメリカ)と対戦する石井慧(ブラック・ハウス/レインMMA)が、試合に向けた意気込みを語った。

 石井は2015年12月29日のRIZINでイリー・プロハースカ、昨年はベラトールでクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとキング・モーに黒星を喫して、現在3連敗中。再起が懸かった今回のヒーリング戦に向けて、かつて自身が2度敗れた相手でもあるクロアチアのミルコ・クロコップの元へと赴き、約2カ月間トレーニングを行った。

「2回戦って2回とも負けていますし、8連勝して調子が良くても勝てなかったです。昨年末のRIZINトーナメントでも優勝しているし、彼の技術や練習に凄く興味がありました。貪欲に学ぶつもりで行きました」と理由を明かす石井。

 実際に練習に参加して「凄くチームがしっかりしています。トレーニングも計画立てているところが印象的でした」と振り返り、「自分はグラウンドの技術に関しては誰にも負けない自信があります。それを活かすというか、その展開まで持っていけるような技術を強化しました」と手応えは十分だ。

 今回の試合でもミルコがセコンドにつく。そのミルコから送られた、「トレーニング、栄養、休養のどれか一つが欠けてもトップにはなれない。チャンピオンになるにはチャンピオンの練習をしないといけない」との言葉が、特に印象に残っていると話した。

 対戦相手のヒーリングについては「僕からヒーリングとやらして欲しいと言って、こういうチャンスをいただけて感謝しています。僕が昔PRIDEを見ていた時から好きな選手です。戦えることが凄く光栄に思います」と、思い入れのある選手との対戦に言葉を弾ませる。

 3連敗からの復活が懸かった今大会。石井は「去年は噛み合ない部分がいろいろありました。試合をやってみないと分からないところもありますが、今回は調子が良いです」と好調をアピール。

 試合に向けて、「勝たないとダメだし、結果を残さないといけない。結果が出ていない分、試合が怖いというのもあります。でも今回は凄く良い状態で来れたので楽しみです」と意気込みを口にし、「この試合に勝って、今年はリベンジの年にしたいです。前回3人に負けているので、その3人とできれば戦いたいです」とリベンジへ闘志を燃やした。

最終更新:4/14(金) 16:54
イーファイト