ここから本文です

サムスンのIoTプラットフォーム、サイプレスのWi-Fi接続ソリューションを採用

4/14(金) 8:10配信

MONOist

 米サイプレスセミコンダクタは2017年3月28日(現地時間)、同社のWi-Fi接続ソリューションが韓国サムスン電子の統合IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Samsung ARTIK」に採用されたと発表した。

 Samsung ARTIKのARTIK 050モジュールは、スマートホームやスマートビルディング、スマートマニュファクチャリング、スマートヘルスケアなどの製品に対して、セキュアなIoT接続環境を提供するために特化されている。今回そのARTIK 050モジュールに、サイプレスの低消費電力「CYW43907 802.11n Wi-Fi システム オン チップ(SoC)」が採用された。

 同SoCは、デュアルバンドIEEE 802.11b/g/n Wi-Fiに、アプリケーション実行とIoTプロトコル管理のための320MHz ARM Cortex-R4 RISCプロセッサ、そして2MBのSRAMを統合した製品だ。ARTIK 050モジュールに対して堅牢なWi-Fi接続とアプリケーション処理を提供する。また、内蔵されているパワーマネジメントユニットが電源トポロジーを簡素化して消費電力を最適化。バッテリー寿命の長期化が可能になる。

 なお、CYW43907ソリューションは、コードサンプルやツール類、開発サポートなどを含むサイプレスWICEDソフトウェア開発キットを用いて、設計もできるようになっている。

最終更新:4/14(金) 8:10
MONOist