ここから本文です

ETCで待機車両を把握し、東京港コンテナターミナルへの誘導に活用

MONOist 4/14(金) 9:10配信

 シーイーシーは2017年3月29日、古野電気と共同開発した物流最適化ソリューションが、東京港の大井コンテナ埠頭に採用されたと発表した。同日よりトライアル運用を開始した。

 同ソリューションは、ETCを使った車両認識システム「CaoThrough」をベースとしている。ETC車載器とETC路側装置間の通信によって車両を認識し、事前に配布した専用カードでドライバーを確認する。

 車両待機場とコンテナターミナルの両方にETC路側装置を設置することで、埠頭全体の待機車両台数や待ち時間が、専用Webページで確認できる。車両の流入状況に応じて、待機場からターミナル内へ順次誘導するなど効率的な配車が可能になり、その結果、ターミナル周辺道路の渋滞が緩和され、ドライバーの負荷も低減できる。

最終更新:4/14(金) 9:10

MONOist