ここから本文です

Akiko Kiyama率いる「Kebko Music」がMagamuraデビュー作をヴァイナル・リリース

CDジャーナル 4/14(金) 18:08配信

 ベルリン / 東京を拠点に活動するエレクトロニック・クリエイターAkiko Kiyamaが、“既存の音楽カテゴリーにとらわれない実験的な音楽を表現する場所”というテーマのもとに2015年から始動した新レーベル「Kebko Music」。カセットテープ・フォーマットでのリリースを続けてきた同レーベルが、初のヴァイナル作品としてMagamuraのデビュー・アルバム『Supernaturals』(KEBLP-001)を4月21日(金)にリリース。

 同作は、テックミニマルの気鋭クリエイター・Laurine Frostと、DJとしても活躍するギタリスト・Eril Fjordによるハンガリー出身のインプロヴァイズド・ミュージック・デュオが今年2月にカセットテープで「Kebko Music」からリリースした作品のヴァイナル・ヴァージョン。テクノの現場を経験した両者ならではの硬質なテクスチャと、スピリチュアル・ジャズやノーウェイヴを思わせるフリーキーなプレイが光るエクスペリメンタルな内容です。

 なお、レーベル・オーナーのAkiko Kiyamaは、5月3日(水・祝)から5日(金・祝)までの3日間に亘って静岡・東伊豆クロスカントリーコース 特設ステージにて開催される野外フェスティヴァル〈RAINBOW DISCO CLUB 2017〉への出演が決定。Akiko Kiyamaのほか、FLOATING POINTSや英「Hessle Audio」オーナーズ(BEN UFO / PANGAEA / PEARSON SOUND)、DJ NOBUとFRED PでのB2B、WONK、SAPPHIRE SLOWSなどの出演が発表されています。詳しくは特設サイトにてご確認ください。

最終更新:4/17(月) 12:30

CDジャーナル