ここから本文です

広瀬すず×菅田将暉×宮野真守。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』予告編&ポスタービジュアル解禁

M-ON!Press(エムオンプレス) 4/14(金) 18:13配信

8月18日より全国東宝系にてロードショー公開となる映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の予告編、特報、ポスタービジュアルが公開された。

【詳細】予告編映像はこちら

原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。刺激的な作品の数々で観客を魅了し続けるふたりが綴るのは、“繰り返される夏の一日”の、恋の奇跡を描く感動のラブストーリー。

岩井俊二による伝説的な傑作ドラマを、大根仁が、現代的な要素を加え長編ならではの壮大な物語としてあらたに脚本化。総監督を務めるのは、社会現象化した『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。“新房昭之マジック”と称される独創性溢れる演出と映像表現でアニメ界に多大な影響を与える奇才が、アニメーションスタジオ“シャフト”と最強タッグを組み、挑む。

声の出演は、なずな役に、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。典道役に、声優初挑戦となる菅田将暉。同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇るふたりが、瑞々しい少年少女の恋と冒険を彩る。さらに、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を、声優界のトップランナー宮野真守が務める。

昨年11月の映画化情報解禁から、アニメファン問わず、多くの映画ファンの間で注目を集めてきたが、このたび予告編、特報、ポスタービジュアルがついに解禁。

美しい打ち上げ花火が上がる色彩豊かな夏の空の下、なずなと典道が振り返るカットが印象的なポスタービジュアルは、まさにイマジネーション豊かな新房昭之の世界観を象徴している。

予告編では、広瀬すずと菅田将暉が声で奏でる、淡くみずみずしい少年少女のシーンの端々と、美しい風景描写の数々が、原作である岩井俊二のドラマでも印象的だった主題歌「Forever Friends」の音楽にのってドラマチックに紡がれている。

可愛くも儚い“なずな”を広瀬すずが魅力的に演じあげ、声優初挑戦となる菅田将暉は、ぶっきらぼうな中にある優しさ、そして思春期特有の繊細さがある典道を、見事に声で表現。

2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。

映画情報
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
8月18日(金)全国東宝系にてロードショー
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守
原作:岩井俊二
脚本:大根仁
総監督:新房昭之
企画・プロデュース:川村元気
監督:武内宣之
音楽:神前暁 キャラクターデザイン:渡辺明夫
アニメーション制作:シャフト
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』作品サイト
http://uchiagehanabi.jp/

最終更新:4/14(金) 18:13

M-ON!Press(エムオンプレス)