ここから本文です

強力打線を7回10K無失点 ダルビッシュ貫禄の今季初勝利

日刊ゲンダイDIGITAL 4/14(金) 12:13配信

 今季3戦目にしてエースらしい投球を披露した。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が13日(日本時間14日)のエンゼルス戦に登板。7回を5安打無失点。103球を投げ、10奪三振、2四球で今季初勝利(1敗)を挙げた。

 ダルは強力打線を相手に、序盤から四球をきっかけに得点圏に走者を背負う不安定な立ち上がり。二回には自身の暴投から2死三塁のピンチを招くが、9番ペレスをこの日の最速156キロの直球で三振に仕留めた。

 今季初めてバッテリーを組んだ2番手捕手チリノスとの息も合ってきたのだろう。二回から三回にかけて4者連続三振。三回には打球が背中を直撃する不運に見舞われたが大事には至らず、尻上がりに調子を上げた。8点リードの六回には1死一、三塁のピンチも、6番メイビンを落ち着いて二ゴロ併殺に打ち取って切り抜けた。

■完全復調をアピール

 六回を投げ終えて球数は96。開幕から出番の多い救援投手もおり、リリーフ陣の負担を考慮したダルは首脳陣に続投を志願して七回のマウンドへ。100球に近づいても球威は落ちず、下位打線を3人で切り、お役御免となった。

 今季のダルは開幕戦で98球、前回は97球。今季初の100球超えで勝利を手繰り寄せるとともに、一昨年の右肘手術からの完全復調をアピールした。

 メジャー6年目にして初めて開幕投手を任されたダルに、エースとしての風格が戻ってきた。

最終更新:4/14(金) 12:13

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報