ここから本文です

スロベニアのホテルに共産主義時代の盗聴室、改装工事で発見

ロイター 4/14(金) 10:02配信

[ポストイナ(スロベニア) 12日 ロイター] - スロベニアの観光名所となっている世界最大級の石灰岩洞窟に隣接するホテルで改装工事を行ったところ、頑丈な鉄扉の裏から旧ユーゴスラビアの共産主義時代の盗聴室と思われる4つの部屋が見つかった。

部屋は洞窟内に直結しており、室内にはほこりまみれの盗聴器などが残されていた。

ホテルと洞窟経営を手掛ける会社の社長によると、部屋が造られたのはホテルが建設中だった1969年前後の可能性が高いとみられている。湿度が低いため精密機械の保存に適した環境となったが、ほこりの積り具合を見ると、部屋は何年も手つかずだったと考えられるという。

スロベニアの歴史研究者Igor Omerza氏は「これらは秘密警察UDBAの盗聴システムの一部で、政敵とみなされた人物の監視に使われていたとみられる」と分析。ケーブルがホテルに通じていることから、一部の客室も盗聴されていたことが示唆されると述べた。このホテルには、チトー元大統領や内外の政府高官らが滞在していたという。

スロベニアは、1991年に旧ユーゴスラビアから独立。2004年に欧州連合(EU)に加盟し、3年後に旧共産圏国として初めてユーロ通貨を導入した。

最終更新:4/14(金) 10:02

ロイター