ここから本文です

新校舎完成、落成式で祝う 静岡県立西部特別支援学校

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/14(金) 8:52配信

 新築移転した浜松市北区根洗町の静岡県立西部特別支援学校の落成式が13日、同校体育館で開かれた。保護者や地元住民が障害児の多様な自立と社会参加の実現を目指す教育拠点の完成を祝った。

 市立三方原中の北側に50年以上前に開校した西部特別支援学校は、施設の老朽化などを理由に聖隷三方原病院近くの旧引佐高農場跡地に移転。新築した校舎は2階建てで、教室や廊下は車椅子でスムーズに移動できる広々とした構造になっている。旧校舎にはなかったエレベーターも設置した。

 式典では児童生徒130人を代表し名護晴美さん(小学部)、山本晴紀さん(中学部)、丸尾竜也さん(高等部)が「教室が大きくて驚いた」「体育館でバスケットボールをするのが楽しみ」などと新校舎での学校生活に胸を膨らませた。

静岡新聞社

最終更新:4/14(金) 8:52

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS