ここから本文です

オリD1・山岡、プロ初登板初先発は6回0/3を3失点「勝ちたかった」

サンケイスポーツ 4/14(金) 7:00配信

 (パ・リーグ、オリックス2-3ロッテ、3回戦、ロッテ2勝1敗、13日、京セラ)敗戦投手にこそなったが、上々のデビュー戦だった。オリックスのD1位・山岡泰輔投手(東京ガス)が6回0/3を投げ、5安打3失点。大器の片鱗をみせつけた。

 「緊張はしませんでした。勝ちたかったですけど、ここから1年通して投げられるように」

 六回まで零封。1点を先制した直後の七回に細谷に逆転の左越え3ランを浴びて、降板したものの、福良監督は「これだけ投げてくれれば」と絶賛した。右腕は試合日程の都合で1度登録抹消される見通しだが、27日の西武戦(京セラ)での先発ローテ復帰が有力だ。

 試合前には球場に駆けつけた父・秀治さん(50)からLINE(無料通話アプリ)で「楽しんでやれ」とメッセージ。「“初”は人生一回しかない。楽しめました」。明るい未来を予感させる初陣だった。 

最終更新:4/14(金) 8:12

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報