ここから本文です

S・ラモス、引退後のプランを明かす「僕の性に合っているのは...」

GOAL 4/14(金) 21:22配信

レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、現役引退後のキャリアについて今の考えを述べた。

『BeIN Sports』のインタビューに応じたマドリーの主将は、「選手の指導をしてみたいね。僕の性に合っていると思うんだ。サッカーには携わっていたいし、それが監督として達成できれば...。選手としてやってきたように、目標を定めて周囲の人たちを助けたい」と語り、さらにこう続けた。

「時代が変わったとしても、監督をやってみたいと思うね。将来的に監督になる、という可能性は除外しないよ」

2020年までマドリーと契約を結んでいるS・ラモスは、現行契約終了時に34歳となる。それからコーチングライセンスを取得して、監督業への準備を進めるのだろうか。

GOAL

最終更新:4/14(金) 21:22

GOAL

スポーツナビ サッカー情報