ここから本文です

<吉岡里帆>「私のうぬぼれだった…」 声優挑戦で数々の“気づき”

4/15(土) 10:00配信

まんたんウェブ

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。

【写真特集】柔らかな笑顔に癒やされる… こんなキュートなポーズも!

 「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

 ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

 今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

 「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

1/2ページ

最終更新:4/15(土) 10:00
まんたんウェブ

Yahoo!ニュースからのお知らせ