ここから本文です

ロス米商務長官が麻生副総理と会談へ=関係筋

ロイター 4/14(金) 12:37配信

[東京 14日 ロイター] - ロス米商務長官が来日し、18日をめどに麻生太郎副総理兼財務相と会談する見通しとなった。関係筋が明らかにした。また、日本の駐米大使館関係者によると、ロス長官は世耕弘成経済産業相とも会談する予定。

18日にはペンス米副大統領と麻生副総理による日米経済対話の第1回会合が開催されるが、ロス─麻生会談はこれとは別に行われる。

ロス─世耕会談は、世耕経産相が3月に訪米してロス長官と会談した際、東京での会談の可能性が議論された。

一方、18日に開催予定の第1回日米経済対話では、1)財政・金融などマクロ経済政策、2)インフラ投資・エネルギー分野、3)2国間の貿易の枠組み━─などの分野で日米が協力関係を強化する方向で議論を展開する見通し。

関係筋によると、米側は前週に2国間貿易交渉も経済対話で議論したいとの意向を日本側に伝達してきたが、日本側は難色を示している。

日本政府内には、日米経済対話の枠組みと別に、ロス─世耕会談で通商問題を議論する「二重構造」は、いずれ修正することになるのではないかとの声もあり、日米間の議論の枠組みを巡って曲折も予想される。

(竹本能文 編集:田巻一彦)

最終更新:4/14(金) 12:37

ロイター