ここから本文です

世良公則40周年ライブ“夢の饗宴”!斉藤和義&ジュンスカ宮田ら出演

サンケイスポーツ 4/14(金) 7:00配信

 歌手、世良公則(61)が、10月14日に大阪城音楽堂でデビュー40周年ライブを行うことが13日、分かった。大阪は、1977年に世良公則&ツイスト(後にツイスト)のボーカルとしてデビューした同バンド結成の“聖地”。彼らに憧れた世代の斉藤和義(50)と初共演するなど、男たちが盛り上げる骨太なロック祭りに世良は「一夜限りのサプライズ!」とファンに予告した。

 原点の大阪で、世良が“伝説の一夜”を作る。

 40周年ライブは「『ReBORN』~タダイキヌクベシ~大阪野音」と題し、斉藤和義、JUN SKY WALKER(S)のボーカル、宮田和弥(51)らが出演。さらに世良が2001年に結成したバンド、GUILD9から元ツイストで世良の高校時代の2年後輩となるキーボードの神本宗幸(59)、ギターの野村義男(52)、元カシオペアのベース・櫻井哲夫(59)、ドラムの横瀬卓哉(46)が参加し、世代を超えた“夢のロック饗宴”となる。

 演奏曲は選曲中だが、ツイストの「銃爪(ひきがね)」など名曲が披露されることが予想され、歴史的ステージになりそうだ。

 ツイストは世良が故郷・広島で高校時代に組んだバンドを母体に、大阪芸大在学中に結成。1977年に世良公則&ツイスト名義で「あんたのバラード」でデビューし、わずか4年の活動で「銃爪」がTBS系「ザ・ベストテン」で番組歴代2位の10週連続1位を獲得するなど伝説を残した。

 解散後、俳優としても活躍する世良だが、“第二の故郷”での記念ライブに「40年前は日本のロックはメジャーではなかったので、日々理解してもらうための戦いでした。大阪のオーディエンスは熱い。一夜限りのサプライズ、たくさんのゲストが駆けつけてくれます」と歌手として一世一代の大暴れを誓う。

 憧れの先輩とのコラボに斉藤は「小学校のときに『あんたのバラード』を見たあの衝撃は今も鮮明に覚えています!」と興奮。世良の還暦ライブも参加した宮田も「セッションはもちろん、打ち上げでの世良さんのうんちくトークも楽しみ」と張り切っている。

最終更新:4/14(金) 8:49

サンケイスポーツ