ここから本文です

HKT兒玉遥がサプライズ復帰 笑顔で「ただいま~!」

4/14(金) 21:05配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ・HKT48が14日、東京・NHKホールで「春の関東ツアー2017?本気のアイドルを見せてやる~」最終公演を開催。今回のツアーを初日の群馬公演(2月25日)から休演していた兒玉遥(20)が復帰を果たした。

 兒玉は体調不良で2月18日の個別握手会を最後に公式に表明していなかったが、事実上の休養状態に。コンサートやテレビ収録は欠席が続いていただけに、ファンから心配の声が続出していた。

 最終公演の出演メンバーにも入っていなかった兒玉だが、オープニングに1人で登場。サプライズ出演に会場から割れんばかりの歓声が上がるなか、兒玉は「今こそHKT48が本気のアイドル見せてやる!」と宣言。1曲目の「最高かよ」をメンバーと一緒に熱唱した。

 その後も、ブランクを感じさせない動きで、デビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」「メロンジュース」などアップテンポナンバーをノンストップで駆け抜けた。

 冒頭のMCで、松岡菜摘(20)が「はるっぴ(兒玉遥)おかえりなさい!」と声を掛けると、ファンも「おかえり」の大合唱。兒玉は「ただいま~!」と笑顔で応えた。

 兒玉は「いや、もう…オープニングすごく緊張しました」と苦笑い。しかし、指原莉乃(24)から「久しぶりのライブはどう?」と聞かれると、「楽しいです! 頑張ります」。続けて、指原から「体力減ってると思うけどちゃんとついてきてね」とハッパをかけられた兒玉は「ついていきます!」と意気込んだ。

 2月25日に群馬からスタートした今回の関東ツアーは、全7か所12公演で、約4万7700人を動員した。

最終更新:4/14(金) 21:14
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ