ここから本文です

萩野 タッチの差で6連覇逃す、瀬戸に屈し「やっぱり勝ちたい」

スポニチアネックス 4/14(金) 7:01配信

 ◇競泳日本選手権第1日(2017年4月13日 名古屋市ガイシプラザ)

 瀬戸にタッチの差で敗れ、6連覇を逃した萩野は天を仰いだ。「400メートル泳いで0・01秒の差だったので僕自身、今持っている力を出せた」。プロ初戦は五輪で世界一となった種目。「やっぱり勝ちたいなと思いましたね」。

 五輪後に右肘を手術し昨年末から練習を開始。本調子ではない中、前半から飛ばしたが、後半に失速した。自己ベストから4秒ほど遅れ、「思わず(瀬戸と)2人で笑ってました。最後5メートルは腕の長さが半分ぐらいだった」と苦笑いした。世界一となったレースで連覇を阻止され、エースは「記憶に残るレースになりました」と悔しさをかみしめ、残り4種目へと切り替えた。

最終更新:4/14(金) 7:01

スポニチアネックス