ここから本文です

サンド富澤、退院を報告 急性胃腸炎で入院も検査でまさかの尿路結石発覚

スポーツ報知 4/14(金) 10:04配信

 急性胃腸炎のため緊急入院していた、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけし(42)が14日、自身のブログを更新し、退院したことを報告した。

 富澤は「富澤退院」のタイトルでブログを更新。「11日夜に仕事を終えて帰ると水下痢と吐き気が。夜中も3回トイレに起きたのでこれはおかしいと思いつつも起きて12日の朝、仕事で仙台へ。腹痛、下痢、嘔吐の繰り返しで仕事の途中でダウン。仕事に穴を開けてしまい、ご迷惑とご心配をかけてしまって大変申し訳ございません。そのまま病院へ行くと『胃腸炎で今日は入院です』とのこと。入院!?点滴に時間がかかるということもあっての1日入院ということでしたが、入院はあせりました。しかし、キツイ…!」と赤裸々に告白した。

 点滴の効果で翌日には症状もおさまったと話すも、「その後、色々検査してもらうと血管の石灰化している部分と尿路結石が3つあることが発覚!ワヒーッ!!」と報告した。

 「受け入れたくないけど、30代と40代では明らかに疲れ方や衰えが違います。40代からはいかに健康管理が大事になってくるかが身に染みました。13日のお昼には退院して少し食欲も出てきました。そう言えば相方も去年の夏に同じ仙台で同じ病気で同じ病院行って同じ先生に治してもらってたな。いや、仲いいなっ!!」とつづった。

最終更新:4/14(金) 10:04

スポーツ報知