ここから本文です

ベルギー、3Dプリンター活用でビール瓶もチョコレート製に

ロイター 4/14(金) 16:20配信

[ジャンブルー(ベルギー)日 ロイター] - ベルギーのチョコレート店「ミャムファクトリー」では、3Dプリンターを活用して溶かしたチョコレートを0.2ミリずつ何層にも積み重ね、様々な形のチョコレートを作り出している。

フランス語で「おいしい」という意味のこの店は、3カ月前に近くのリエージュ大学の、飲食分野の新技術を研究するラボから独立した。

4台の特殊な3Dプリンターを駆使し、顧客の要望に応じた形のチョコを作ったり、メッセージやロゴを刻んだりもする。

近くのビール醸造所「Bertinchamps」は、イースターエッグ探しの賞品にしようと、チョコレート製のビール瓶を注文。3時間を要し、24.6メートル分のチョコが必要だった。

ホテルや企業、個人からも注文があるが、価格は大きさや形、必要なチョコの量によって決まるという。

最終更新:4/14(金) 16:20

ロイター