ここから本文です

横綱日馬富士が33歳バースデー 春巡業で関取衆がケーキで祝福

4/14(金) 16:55配信

デイリースポーツ

 大相撲の横綱日馬富士(伊勢ケ浜)が14日、33歳の誕生日を迎えた。長野県松本市で春巡業では安美錦、誉富士、宝富士、照強と同部屋の関取衆が駆け付け、ケーキで祝福された。

【写真】日馬富士「何でもいいから新聞の一面に載りたい」

 「口に入れろよ、口だぞ」との前振り。宝富士が、お約束通りに横綱の鼻にクリームを付けた。笑顔で子供のようにはしゃぎ、誕生日を喜んだ。

 両肘、両足と体は満身創痍(そうい)。「相撲道を一生懸命。こうやって色んな方に出会って、支えのもとで33歳を迎えることができた。感謝の気持ちでいっぱい。ケガが多く心配をかけながら応援してくれる人に恩返ししたいと思いここまで来れた」と、しみじみと語った。

 土俵人生も晩年に差し掛かっているのは本人が一番分かっている。「苦しみがあるから喜びがある。喜びがあるから苦しみがある。その繰り返し。できることを一生懸命やりたい。土俵に上がり相撲を取ることが一番の幸せ。相撲が大好きだから、気合入れて全身全霊で相撲を取るのが幸せ」と語っていた。