ここから本文です

ドバイ・ワールドC優勝アロゲートが単独トップ!キタサンブラック7位…ベストレースホースランキング

スポーツ報知 4/14(金) 12:07配信

 JRAは14日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(2017年1月1日~4月9日)を発表した。

 ランキングの単独トップはドバイ・ワールドCを制したアロゲート(米)で134ポンド。そのアロゲートと前回トップタイだった牝馬のウィンクス(豪)はジョージライダーSとクイーンエリザベスSを圧勝。連勝を17に伸ばしたが、132ポンドで2位となった。

 3位には123ポンドで3頭。前回3位のハートネル(豪)はランヴェットS、クイーンエリザベスSともに2着でレーティングを上げることはできず、ドバイ・ワールドC2着のガンランナー(米)、ドバイ・シーマクラシックを制したジャックホブス(英)に並ばれた。

 6位は、TJスミスSを3連覇したシャトークア(豪)で122ポンド。今年からG1に昇格した大阪杯を勝ったキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が121ポンドの7位で続いた。

 日本調教馬は、前回4位だったサトノクラウン(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)と、阪神大賞典を勝ったサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が120ポンドで8位タイ。大阪杯2着のステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が118ポンドで26位タイになっている。

最終更新:4/14(金) 12:55

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ