ここから本文です

心斎橋に時計ブランド「ダニエル・ウェリントン」 関西初出店 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 4/14(金) 21:05配信

 スウェーデン発の時計ブランド「ダニエル・ウェリントン」は4月14日、心斎橋に関西初の直営店「Daniel Wellington 心斎橋」(大阪市中央区心斎橋筋2、TEL 06-6210-3641)をオープンした。(なんば経済新聞)

店内はネイビーとウッドを基調とする

 2011年にスウェーデンで誕生した同ブランドは、2014年春に日本へ上陸。東京・原宿に第1号店をオープンし、今回で国内6店舗目。関西初出店となる。

 インスタグラムなどのSNSでも話題となっている同ブランドの時計は、シンプルで大きな文字盤、薄いケース、レザーベルトや、好みに応じて付け替えられる豊富なカラーのベルトが特徴。メインターゲットは30代の男女。

 店内はネイビーとウッドを基調に、シックな雰囲気を演出。約11坪の売り場では、新作をはじめ、これまでに販売した約60種類の時計を販売する。売り場中央には、14日から全国で販売開始した新作、レディースシリーズ「CLASSIC PETITE(クラシックペティット)」(2万1,600円)を展示。ベルトはアクセサリーのようなメタルベルトを採用。カラーはシルバーとローズゴールドの2色展開で、同ブランド初の32ミリの文字盤には白と黒の2色を用意し、計4種類のカラーバリエーションを用意する。

 営業時間は11時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/14(金) 21:05

みんなの経済新聞ネットワーク