ここから本文です

【開催中です!】テーマ展「『やきもの』の系譜」

産経新聞 4/14(金) 7:55配信

 5月21日まで、水戸市緑町の茨城県立歴史館で。

 茨城県内で出土した考古資料を中心に、縄文土器から陶磁器まで時代ごとの「やきもの」の特徴に触れつつ、大陸の先進技術を取り入れながら、製作方法やデザインを変えて進化してきた歴史を解説する。同時に、同館一橋徳川家記念室では5月7日まで、江戸幕府将軍・徳川家の身内ともいえる一橋家に伝わる武具・刀剣類を紹介している。

 開館時間は午前9時半~午後5時。月曜休館。入館料は一般150円、大学生80円。高校生以下、満70歳以上、身体障害者手帳などの所持者と付き添いの1人は無料。問い合わせは茨城県立歴史館(電)029・225・4425。

最終更新:4/14(金) 7:55

産経新聞