ここから本文です

ソフトバンク、オリックスが募金活動=熊本地震1年で

時事通信 4/14(金) 17:42配信

 ソフトバンクとオリックスの選手、監督が熊本地震から1年となった14日、福岡市のヤフオクドームでの試合前に、被災者支援のため募金活動を行った。

 ソフトバンクの工藤監督は「被災されて今なお、自宅で過ごせない方が多くいる。皆さんの思いを募金という形でお願いしたい」と呼び掛け。このほか長谷川勇也選手会長とサファテ投手ら、オリックスからは福良監督や熊本県出身の小田裕也外野手らが参加した。

 球団によると453人が募金に協力し、総額21万3724円が集まった。 

最終更新:4/14(金) 17:44

時事通信