ここから本文です

<中国>北朝鮮制裁の途中経過公表 石炭輸入は51%減

毎日新聞 4/14(金) 20:28配信

 【北京・浦松丈二】中国政府は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁の一環として実施した石炭輸入停止措置の途中経過を公表した。14日付の中国各紙によると、今年1~3月に輸入した北朝鮮原産の石炭は昨年同期比51.6%減の267万8000トンだった。国連制裁の「成果」を誇示し、米国からの独自制裁圧力を緩和する狙いもありそうだ。

 北朝鮮にとって石炭輸出は重要な外貨獲得手段。対中輸出全体の4割前後を占めているとみられる。中国税関総署の黄頌平報道官は13日の記者会見で「2月19日から朝鮮(北朝鮮)からの石炭輸入を一時停止し、中国の税関は朝鮮原産のすべての石炭の輸入手続きをしていない」と言明した。

 一方、米国が求めている中国独自の対北朝鮮制裁について、中国外務省の陸慷・報道局長は13日の定例会見で「中国側は、国際問題で何かあるとすぐに独自制裁を使うというやり方には一貫して原則的には賛成しない。特に独自制裁が中国側の利益を損なうことに反対する」と語った。

最終更新:4/14(金) 20:34

毎日新聞