ここから本文です

インフォコム、従業員のクラウドサービス利用を管理する「Netskope」を提供開始

Impress Watch 4/14(金) 16:36配信

 インフォコム株式会社は14日、米Netskope社の国内販売代理店として、従業員のクラウドサービス利用をコントロールするための企業向けサービスであるCASB(Cloud Access Security Broker)製品「Netskope」の提供を開始した。

 Netskopeは、クラウドサービスの利用状況の把握・追跡・制御を強化するCASB製品。クラウドサービスを企業の業務システムとして活用する動きが進む一方、機密データの流出や、従業員が会社の管理下にないサービスを許可なく使用するシャドーITなどのセキュリティリスクに対応する製品。

 クラウドサービスの利用状況を把握/監視し、利用するサービスや内容の制御が可能。アップロードするファイルの中の機密情報を検知し、内容に応じた漏えい対策を行うことや、あらかじめ設定したポリシーに基づいて、利用状況の追跡や一元管理を行える。

 インフォコムでは、企業でクラウドサービスやスマートデバイスを安心安全に活用するためのクラウド型ID管理サービス「OneLogin」などのモバイルクラウドソリューションを提供している。NetskopeをOneLoginなどと組み合わせて提供することで、クラウドサービス活用時のリスク管理をより強化することが可能になるとしている。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:4/14(金) 16:36

Impress Watch