ここから本文です

<熊本地震1年>京都でも追悼法要 佛教大

毎日新聞 4/14(金) 20:59配信

 京都市北区の佛教大では14日夜、熊本地震犠牲者の追悼法要が営まれた。学内の礼拝堂前にろうそくを「4・14」の形に並べ、震災関連死を含めた犠牲者の数と同じ225個のLEDキャンドルをともした。

【1年前の熊本地震を写真特集で振り返る】

 地震発生後に現地でボランティアや募金活動に携わった学生たちが「震災の記憶を伝えていきたい」と企画した。学生や職員ら約80人が参列し、焼香して手を合わせ、被災地の復興を祈願した。

 熊本市内で、被災者の家の片付けを手伝ったという社会学部4年の兼田靖さん(21)は「熊本には夢や希望を抱きながら亡くなった人もいる。使命を持ってしっかりと生きていきたい」と話した。【宮川佐知子】

最終更新:4/15(土) 3:21

毎日新聞