ここから本文です

石井一、期待に応える一発=新人一番乗りの本塁打-プロ野球・日本ハム

時事通信 4/14(金) 20:37配信

 高く舞い上がった打球は、左翼手の頭上を越えてスタンド前列に飛び込んだ。二回2死走者なしの場面で、日本ハムの石井一が今季の新人の中で一番乗りとなるプロ入り初本塁打。外角高めの直球にバットを合わせ、「思ったより飛んでくれた。自分でもびっくりしている」と喜んだ。

 栃木・作新学院高から早大を経て、ドラフト2位で入団。キャンプ、オープン戦から安定感のある内野守備で開幕1軍をつかみ、今は田中賢に代わり二塁を守っている。「はつらつとしたプレーを見せたい」。その言葉通り、攻守で存在感を示している。

 打線は大谷と中田が負傷離脱し、飛車角落ちの苦しい状況。栗山監督は「今いる選手がベストメンバー」と語り、若手を積極的に起用する方針だ。低迷が続く昨季日本一のチームだが、この一振りが光明になるか。

最終更新:4/14(金) 20:40

時事通信