ここから本文です

検察事務官2人を懲戒処分=書類放置、時効成立も―那覇地検

時事通信 4/14(金) 20:54配信

 那覇地検は14日、捜査関係書類を放置したり、記録確認を怠り公訴時効を成立させたりしたなどとして、30代の男性検察事務官2人をそれぞれ減給100分の10(6カ月)と戒告の懲戒処分とした。

 2人は「多忙で処理を後回しにしていた」と話しているという。

 地検は同日付で上司の検察官を訓告処分、別の上司の検察官と白井智之次席検事を厳重注意処分とした。 

最終更新:4/17(月) 16:27

時事通信