ここから本文です

ランボルギーニ、「アヴェンタドール S」を日本で正式公開

Impress Watch 4/14(金) 22:38配信

 ランボルギーニ ジャパンは4月14日、2016年12月に発表したフラグシップクーペ「アヴェンタドール S」を日本の顧客向けにお披露目するローンチパーティを都内で開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 このモデルについては弊誌でもすでにご紹介(関連記事「1月21日オープンの『ランボルギーニ神戸』でセレモニー開催。新型『アヴェンタドール S』サプライズ展示」「最新CIを用いた『ランボルギーニ横浜』、横浜みなとみらい地区で1月21日オープン」)しているように、新しい正規ディーラーのオープンなどのタイミングで一部の顧客には紹介されているものの、正式な日本公開は今回が初めてになるという。このお披露目のため、日ごろから全国8カ所の正規ディーラーと付き合いのある250人ほどの顧客が会場に招かれた。

 アヴェンタドール Sは2011年にデビューしたアヴェンタドールの次世代モデルと位置付けられ、低速走行中はフロントタイヤの舵角と逆方向にリアタイヤが動いてステアリング操作に対して機敏さを高め、車速の高まりを受けてフロントタイヤと同じ方向にリアタイヤが動くようなって安定性を高める4輪ステアリングシステム「LRS(Lamborghini Rear-wheel Steering)」を採用。ボディはエクステリアデザインのイメージをキープしつつ、要所の空力性能を大幅に見直し、フロントのダウンフォースを130%増加させたほか、低抗力での全体効率が400%以上アップしているという。

 また、弊誌では先日、松田秀士氏による海外サーキット試乗のインプレッション記事(ランボルギーニ「アヴェンタドール S」[フィリップアイランドサーキット試乗])を掲載している。

 価格は4490万4433円となっており、2017年の生産分はすでに完売。現在は2018年第2四半期の生産分について販売を受け付けている。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:4/14(金) 22:38

Impress Watch