ここから本文です

【皐月賞・達洋がゆく】<3>ウインブライト開花の時

スポーツ報知 4/15(土) 5:32配信

◆第77回皐月賞・G1(16日・芝2000メートル、中山競馬場)

 新潟・長岡に伝わる「米百俵の精神」とは、城下が焼け野原となった戊辰戦争後、小林虎三郎が近隣の藩から贈られた米百俵を分配せずに売り、人材育成の教育にあてて復興の礎を築いた故事だ。それが頭に浮かんだのは、ウインブライトの松岡騎手を取材している最中だ。

 まくって快勝した前走のスプリングSは、今回の本番を見据えて余裕を残した仕上げだった。前走から12キロ減と不安要素もあった上で、ジョッキーは「まだ競馬を教えている段階。レースに合わせてというより、馬に合わせてつくってきた」と明かす。折り合いやレース運びを馬優先に教えてきたが、「やっぱりここは負けたくない自分がいる」と本気モードだ。皐月賞は2着1回が最高で、自身初の牡馬クラシック制覇へ“教育の成果”が花開く時だ。

 気になる状態面について担当の野木厩務員は、「(前走は)若竹賞の時ほどの出来ではないかもと思ったが、馬が自分で体をつくったのかと思えるくらいレースがよかった。体の張りは前走よりいいですね」と好感触だ。あらゆる面で上積みが見込め、まずは単穴以上の評価とする。結論はあす。(坂本 達洋)

最終更新:4/15(土) 5:32

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ