ここから本文です

パーマ大佐“脱・森のくまさん”で「歌ネタ王決定戦2017」に参戦

スポーツ報知 4/14(金) 21:25配信

 大阪・毎日放送は14日、「歌ネタ王決定戦2017」のエントリー受付を開始したと発表。パーマ大佐(23)、ゆりやんレトリィバア(26)、ANZEN漫才ら、旬のお笑い芸人らが早くも参戦を表明した。

 昨年末、米国民謡「森のくまさん」の歌詞を無断で改変したとして日本語訳詞者から、慰謝料などを求められ、今年2月に和解したことで、一躍、時の人となったパーマ大佐は「今、僕に対しての世間の印象は、おそらく『森のくまさん騒動の人』だと思うんです。今年の歌ネタ王、森のくまさん以外のネタで優勝して、世間の印象を『歌ネタ王』に変えたいです」と、“脱・森のくまさん”を宣言した。

 また、今年2月のNHK上方漫才コンテストで、ピン芸人として初優勝したゆりやんレトリィバアは「歌ネタ、テンパってしまいますが、とりあえず歌いーーーーー! 落ち着いていきやーーー! (優勝したら?)ニューヨークのアポロシアターで単独ライブをします!」と、自身の持ちネタを織り交ぜながら壮大な野望を掲げた。

 ほかにアイロンヘッド、トット、2700、8・6秒バズーカー、藤崎マーケット、まとばゆう、ラニーノーズが参戦を決めている。同大会は2013年にスタート。第1回がすちこ&真也、第2回が手賀沼ジュン、第3回が中山功太、COWCOW(同点優勝)、第4回はかまいたちが優勝した。

 小籔千豊(43)がMCを務め、優勝者には賞金300万円が授与される。決勝は9月に行われ、MBSテレビ(関西ローカル)で生放送される予定だ。

最終更新:4/14(金) 21:25

スポーツ報知