ここから本文です

高良健吾「熊本の今に興味をもってもらうことが未来につながる」

スポーツ報知 4/15(土) 5:03配信

 熊本市出身の俳優・高良健吾(29)が熊本地震からちょうど1年となった14日、都内で短編映画「うつくしいひと サバ?」(行定勲監督)の上映会に出席した。

 被災後の熊本・益城町や阿蘇、熊本城などでロケを敢行。7日にも映画祭のため故郷を訪れた高良は「熊本の今に興味をもってもらうことが熊本の未来につながっていく」と真剣な表情で語った。同じく熊本市出身の行定監督は昨年の本震にも遭遇した。「3年ぐらいたったと思うぐらい長かった。地震があっても、それでも生きていく人たちの姿を知っていただければ」と思いを込めた。

最終更新:4/15(土) 5:03

スポーツ報知