ここから本文です

【中日】ゲレーロが12回2死サヨナラ打…「夜も寝られなかった」スランプから脱出

スポーツ報知 4/14(金) 23:16配信

◆中日3x―2巨人=延長12回=(14日・ナゴヤド―ム)

 中日がアレックス・ゲレーロ内野手(30)のサヨナラ打で3カード連続で初戦に勝利した。

 2―2の延長12回2死から大島、亀沢の連打で一、三塁のチャンスでゲレ砲が登場。1ボールから真ん中の直球を左前にはじき返した。

 「3番という大事な打順でチャンスで打てず、深みにはまっていた。家で叫びたい気持ちになったり夜も寝られない日々が続いていた。これで心が落ち着いたよ」。

 ここまで得点圏で16打数2安打の打率1割2分5厘と好機で振るわなかったキューバ出身の新外国人がようやく期待に応えた。

 先発の大野雄大投手(28)が8回途中2失点と好投し、先発陣はここ5試合、若松、吉見、バルデス、又吉、大野とすべてクオリティースタート(QS=先発6投球回以上で3自責点以下)を達成。救援陣も、ここ5試合で延べ17投手がわずか1失点と奮闘した。それだけに、この日も得点圏で2打数無安打だったダヤン・ビシエド外野手(28)とともに、助っ人2門の不振が、チームの低迷に直結していた状況だった。

 森繁和監督(62)は「ハー。最近、長いね。みんなよっぽど野球が好きなのかな」とここ8試合で5度目の延長戦に、お疲れの表情。ゲレーロについては「(10回に凡退した直後、守備固めに)代えましょうかという話を(森脇守備走塁)コーチとしていた。でも12回も(打順が回ることも)あり得るので、一応、置いとこうということになった。それまで本人も悔しがっていたし、ベンチで物に当たったりもしていた。一応、日本ではルーキーだからね」と、我慢強い起用法が奏功して、安堵(あんど)の息をついていた。

最終更新:4/14(金) 23:16

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(水) 21:00