ここから本文です

宇野昌磨も「勝ち飯」公開…“汁物作戦”でエネルギー補給

スポーツ報知 4/15(土) 6:32配信

 昨年のリオ五輪でJOCと連携し、現地で日本選手団の栄養サポートなどを行った味の素が14日、フィギュアスケートの世界選手権で銀メダルに輝いた宇野昌磨(19)=中京大=の“勝ち飯”を公開した。スポーツ報知では今月7日、同大会で3季ぶりに王者に返り咲いた羽生結弦(22)=ANA=の“勝ち飯”を独占公開し反響を呼んでいた。

【写真】世界選手権で優勝した羽生の“勝ち飯”

 同社は大会期間中、「ビクトリープロジェクト」のメンバー4人と調理師を現地に帯同させ、選手宿舎に隣接した施設に「サポート拠点」「調理拠点」を設置。宇野のコンディショニングと栄養サポートを行い、世界歴代2位となる319・31点をたたき出す活躍を支えた。

 同社がポイントとしたのは“汁物作戦”だ。疲労や緊張により食事が減退し、エネルギー摂取量が減少すれば筋肉量やパフォーマンスの低下につながる。そのため「鶏だし塩鍋」など汁物のうまみを活用し、エネルギーを補給できる環境を整えた。味の素製品を使った献立も栄養管理が徹底され、フリーが行われた1日も昼食に「肉野菜炒め」「カレー鍋 鶏」「グレープフルーツティーゼリー」、夕食に「鮭のレモン蒸し」「ナポリタン 野菜炒め」がバランスよく並んだ。

最終更新:4/15(土) 8:11

スポーツ報知