ここから本文です

県にソメイヨシノ100本 福島トヨペットが贈る

福島民報 4/14(金) 10:58配信

 福島トヨペットは13日、福島県に県産ソメイヨシノの苗木100本を贈った。
 贈呈式を福島市の杉妻会館で行い、佐藤修朗社長と「緑の大使」の筒井菜月2017ミス・インターナショナル日本代表が内堀雅雄知事に苗木を手渡した。佐藤社長は「震災と原発事故に見舞われた郷土の緑化のために可能な限り森林保全に取り組む」とあいさつし、内堀知事が謝辞を述べた。
 苗木の寄贈に合わせ、同社の舘くるみさんが社員有志が寄せた「緑の募金」12万円を斎藤卓夫県森林・林業・緑化協会長に手渡した。
 全国のトヨペット店が展開している緑化運動「ふれあいグリーンキャンペーン」の一環で、昭和51年から福島民報社を通じて県に苗木を贈っている。今回のソメイヨシノ100本は5月末までに希望する市町村に配る。
 贈呈式には同社と県の橋渡し役を務めた福島民報社の高橋雅行社長、花見政行取締役広告局長が出席した。

福島民報社

最終更新:4/14(金) 11:28

福島民報