ここから本文です

Chage&千重子が熱唱  友近主宰ライブに大物集結のワケ

オリコン 4/17(月) 4:00配信

 お笑いタレント・友近扮する演歌歌手の大御所・水谷千重子が16日、東京・昭和女子大学人見記念講堂で『キーポンシャイニング歌謡祭2017』の初日公演を行った。同公演を楽しみにしているファンの間で“おなじみ”となっているのが豪華ゲストとの共演。この日もChage、稲垣潤一、岸谷香、高橋洋子、平原綾香らが駆けつけ、ステージに華を添えた。

【写真】岸谷香ら豪華共演続々… ライブの模様

 出演者のみならず、セットリストもレジェンド級だ。高橋が人気アニソンメドレー「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」を歌えば、岸谷は「世界でいちばん熱い夏」(with 千重子)、稲垣は「ドラマティック・レイン」、平原は「Jupiter」(with 千重子)と名曲を惜しみなく披露。豪華共演者に加え、八公太郎(バッファロー吾郎A)、倉たけし(秋山竜次)、六条たかや(徳井義実)の“千重子ファミリー”も集結した。

 ライブ終盤、“Chage&千重子”が拳を突き上げて「YAH YAH YAH」を熱唱すると、観客のボルテージは最高潮に。公演終了後、興奮冷めやらぬファンに話を聞くと「紅白よりも豪華なのでは?」「この面々を口説いた方法を知りたい」と驚きの声があがっていた。今後も大阪、名古屋、福岡、仙台の4都市で公演を控え、冠二郎、堀内孝雄、こまどり姉妹、中村雅俊、持田香織(Every Little Thing)、森友嵐士(T-BOLAN)らビッグアーティストの出演が決定している。

 報道陣の囲み取材で水谷は「皆さんお歌が上手だからやっていて楽しかったし、お客さんも『お得感満載だった~!』って楽しんでくれた」と充実の表情。キャスティングについて話が及ぶと「千重子が出ていただきたい方にオファーする。本当の話で(オファーの)お手紙を書いているんです」と自ら熱烈ラブコールを送って口説き落としていることを明かした。

 「皆さん賢いからこの世界観を理解して、空気を読んでくれる。そして皆さん、楽しいことを常に求めているみたい」と続け、「レコード会社の方もいっぱい観に来てくれて、いいうわさが広がってる。そういう口コミもあって、周りが応援してくれるみたい」と感謝。“芸能生活50周年”を迎えたという水谷の熱意と人脈をフル活用して、豪華なラインナップが実現しているようだ。

 水谷は「こんなお得な歌謡祭はない。紅白も新しい人ばっかりになって、昭和の名曲とかを聴きたいって人もいる。もう一つの紅白みたいなものなんじゃない?」と胸を張り、今後の展開にも期待を抱かせた。

最終更新:4/18(火) 10:57

オリコン