ここから本文です

亀梨&山P『ボク運』初回視聴率は12.0%の好発進

4/17(月) 9:23配信

オリコン

 KAT-TUNの亀梨和也が主演し、12年ぶりに山下智久との共演を果たした日本テレビ系連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(毎週土曜 後10:00)第一話が15日放送され、初回視聴率が12.0%だったことが17日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【EDでは…】カワイイ!ハートマークを作る木村文乃

 同ドラマは運命の恋を全力で信じ、何度フラれても運命の女性へと立ち向かっていく男・誠(亀梨)と、運命などは信じずそれを頑なに拒む女・晴子(木村)、そして、2人のかみ合わない運命の恋を後押しする自称・神の謎の男(山下)が織りなすラブコメディー。

 エンディングでは『修二と彰』以来のコンビ結成となった「亀と山P」が担当する主題歌「背中越しのチャンス」に合わせ、亀梨、山下、木村がキュートな“ボク運ダンス”を披露して、話題を呼んでいる。

 第一話では、女運がなく悲しい恋愛をしてきたサラリーマンの誠が都内の会社に異動してくる。ある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男が現れ、これまで誠に女運がなかったことは「他に運命の人がいるからだ」と告げる。そこで差し出された写真には、面識のない女性・湖月晴子が映っていた。実は晴子と誠はこれまでも運命的に導かれながらも、すれ違い続けていたという。神の言葉に半信半疑になる誠だったが…。

最終更新:4/17(月) 9:23
オリコン