ここから本文です

劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』 ロッチの出演は湯浅監督たっての希望

4/14(金) 20:12配信

オリコン

 お笑いコンビ・ロッチの中岡創一とコカドケンタロウが、公開中の劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』に声の出演をしている。歌手で俳優の星野源が主人公“先輩”役を務めていることもあり、公開前から注目を集めていた本作。湯浅政明監督が星野に直筆の手紙を送ってオファーをした話はさまざまな場面で語られているが、実はロッチの出演も湯浅監督たっての希望だった。

【動画】『夜は短し歩けよ乙女』予告編

 京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語。クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”。「なるべく彼女の目にとまる」ナカメ作戦を実行する日々を送っていた“先輩”が、彼女を追い求めるうちに不思議な出来事に巻き込まれていく。

 星野のほかにも、“乙女”役に花澤香菜、学園祭事務局長役に神谷浩史、パンツ総番長役にロバートの秋山竜次、学園祭で行われるゲリラ演劇の舞台監督・紀子さん役の新妻聖子などが声の出演をしており、7日の公開後、最初の週末の映画動員ランキングで6位に初登場するなど、その効果はてきめん。

 そして、中岡は憧れの人“直子さん”が結婚してしまうことで悲しみにくれる詭弁論部OBの“高坂”役、コカドは“学園祭事務局副長”と、その肩にのっている“オウム”と一人2役を担当している。

 もともとロッチのファンだった湯浅監督は、テレビアニメ『四畳半神話大系』(2010年)の頃から2人の出演を希望していたといい、その時はタイミングが合わず実現しなかったが、今回、7年越しの念願がかなった。中岡もコカドもそれぞれのキャラクターをユニークかつ魅力たっぷりに演じている。

最終更新:4/15(土) 0:21
オリコン