ここから本文です

入江、100背泳ぎでV4!「世界はどんどん進んでいるので、このタイムでは足下にも及ばない」/競泳

サンケイスポーツ 4/14(金) 20:21配信

 競泳・日本選手権第2日(14日、名古屋市・ガイシプラザ)7月の世界選手権(ブダペスト)代表選考会を兼ねて行われ、男子100メートル背泳ぎで入江陵介(27)=イトマン東進=が53秒46で4連覇を飾った。

 「もう一度、この舞台に帰ってこられて、優勝することができてうれしい。調子がよかったのでもう少しタイムがほしかったけど、まだまだ甘いところがある。世界はどんどん進んでいるので、このタイムでは足下にも及ばない。気持ちを切り替えてがんばりたい」

 入江は2度目の五輪だった2012年ロンドン五輪の100メートルで銅メダル、200メートルで銀メダルをつかみ、400メートルメドレーリレーでも銀メダルを獲得した。リオ五輪は100メートルで7位、200メートルで8位に終わり「選手として賞味期限の切れた人間なのかな」と語っていたが、今年1月に現役続行を宣言していた。

最終更新:4/14(金) 20:33

サンケイスポーツ