ここから本文です

カラック・アングレン、コックリさんで死者降臨?

BARKS 4/14(金) 11:45配信

ホラー・メタル・バンドのカラック・アングレンが、6月16日に『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』を発売する。本作のテーマは「ウィジャ盤で長い時間遊び過ぎてしまった少女」だそうだ。

◆カラック・アングレン映像、画像

ウィジャ盤というのは、日本で言えばコックリさんにあたるもの。アルバム冒頭、ウィジャ盤を使いチャーリーという霊を呼び出してしまった少女は、恐怖のあまり逃げ出してしまう。部屋に取り残されたのは、リスナーであるあなた自身だ。次々と霊は現れつづけ、リスナー自身がそのストーリーの聴き手となるのだ。アルバム・タイトルである「腐敗したもの中で踊り、笑え」というのは、死者の輪に入り、その世界を体験しろということ。それがリスナーである我々へ向けたメッセージだ。

音の方は、いつものカラック・アングレンだ。不気味に、そしてゴージャスにゴースト・ストーリーを語っていく。シンセサイザーをふんだんに使いオーケストラやクワイヤを再現し、彼ら特有のやや特殊なコード進行でその世界観が盛り立てられていく。ピーター・テクレンの手によるミックスも素晴らしい仕上がりだ。

本作はシンフォニック・ブラック・メタル・ファンはもちろん、ヘヴィ・メタルの持つドラマティックさが好きな人なら、たちまちのうちにその世界に引きずり込まれてしまうことだろう。夜、ひとりででじっくりと楽しむのが最高だ。

Photo by Negakinu

カラック・アングレン『ダンス・アンド・ラフ・アモングスト・ザ・ロッテン』
2017年6月16日 世界同時発売予定
【30セット通販限定 CD+Tシャツ】¥5,000+税
【CD】 ¥2,300+税
※日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.オープニング
2.チャーリー
3.ブラッドクイーン
4.チャールズ・フランシス・コフラン
5.ソング・フォー・ザ・デッド
6.イン・デ・ナーム・ヴァン・デ・デヴィル
7.ピッチ・ブラック・ボックス
8.ザ・ポゼッション・プロセス
9.スリー・タイムズ・サンダー・ストライクス
《ボーナストラック》
10.チャールズ・フランシス・コフラン(オーケストラ ver.)

【メンバー】
セレガー(ヴォーカル/ギター)
アルデック(キーボード/オーケストラ)
ナムタル(ドラムス)

最終更新:4/14(金) 11:45

BARKS